2017年7月21日金曜日

iPhoneをフィールドスコープに接続する 〜デジタルカメラアダプター TSN-DA10〜

前回も書いた通り、フィールドスコープにiPhoneを接続するのに、接眼レンズの目当てゴムに押し込むだけではクリアーでシャープな画像は得られません。
この方法は、「脱着が簡単で手軽に観察と撮影を切り替えられる」とのことですが、観察もiPhoneの画面で見たほうが綺麗で見やすいですし“楽”です。
それなら、はじめからしっかりとスコープにiPhoneを接続したほうがいいと思うのです。

そこで必要になるのが、この『デジタルカメラアダブター TSN-DA10』です。

この『デジタルカメラアダブター』なるもの、どんな役割があるかというと、
・iPhoneの確実な固定(のための土台)
・iPhoneと接眼レンズとの距離の調節
……です。
この“距離”がとても重要で、この距離を調節することによって周辺減光をなくし(減らし)、シャープでクリアーな写真が撮れるようになるのです。


構造はというと、アルミ合金製の“筒”で、インナーとアウターの二重構造、それを固定するためのネジの3点です。


ただ、この『デジタルカメラアダブター TSN-DA10』だけでは、iPhoneを固定できません。
もう一つ、いわば蓋となる『アダプターリング TSN-AR30』という部品を別途購入しなければなりません。
中心の穴の外周にはネジが切ってあり、TSN-IP5/6/7を装着したiPhoneを確実に固定できます。

このアダプターリングがないと接続できないのに、なぜこれが別売りかというと、このネジ径(中心の穴の大きさ)が接続するカメラにより何種類もあるからで、そのうち、iPhoneに合うのが30mmの『TSN-AR30』となるわけです。(個人的には、それならTSN-IP5/6/7側に付属してもらいたいと切に思う)


これでフィールドスコープとiPhoneを接続するためのパーツが揃いました。
構成と取り付け方は、このようになります。
・まず、接眼レンズの目当てゴムを取り外します。
・そこに、デジタルカメラアダプターのインナー(1)を取り付けます。
・デジタルカメラアダプターのアウター(2)に、アダプターリング、iPhoneを取り付け、デジタルカメラアダプターインナー(1)にはめ込みます。
・周辺減光がなくなる(または最小になる)ように、アウター(2)を前後に動かし調節し、ネジ(3)で固定します。



0 件のコメント:

コメントを投稿