2017年8月7日月曜日

接眼レンズとiPhoneの距離を調節する

前回書いた通り、接眼レンズに装着した『デジタルカメラアダブター TSN-DA10』のインナーに、iPhoneを接続したアウターアッセンブリーをかぶせて、それを前後させて接眼レンズとiPhoneとの距離を調節します。

この調節でケラレをなくすことはできません。
あくまで、周辺減光をなくし(減らし)、クリアーな画像にするための調節です。
これが、ミリ単位の微妙な調整が必要で、加えて、この時点でiPhoneを水平になるように固定しなければなりません。


私は、青空を撮影して調整しています。
アウターアッセンブリーを最前部(または最後部)にセットして、

徐々に動かしていき、“ムラ”が無くなるところで固定します。
そこで、一度、その空を撮影して確認します。

その時、選択して拡大された写真ではなく、下のサムネイルを見て確認しています。
小さい画像のほうが、ムラが分かりやすいのです。


ズームアイピース『TSN-11WZ』では、どうしても“ムラ”が取れません。
iPhoneでは、どれだけ微調整しても、これが精一杯です。

これでも、森や林の中で木にとまっている鳥を撮る分には気にならないのですが……

これでは飛行機は撮れません。(まあ、倍率的に飛行機を撮るものではありませんが)
(この時は遠かったので、やむなく使ってみた)

0 件のコメント:

コメントを投稿