2018年3月14日水曜日

TSN-550 PROMINAR シリーズを見てきた

CP+ 2018に行ってきました。
今さらレポートもないですが、TSN-550 PROMINAR シリーズにiPhoneを接続した場合の画角をチェックしてきたので、その写真を載せておこうと思いまして。

まずは外観。
TSN-770/880をデフォルメしたような可愛らしい感じです。
普段、774を使っていると、とてもコンパクトで軽く感じました。
アイピースは固定で、15〜45倍のズームです。


iPhone用フォトアダプター TSN-IP5と7が置いてあり、機種が合えば自分のiPhoneで試すことができるようになっていました。
私は、自分のフォトアダプター(IP7P?)を持って行ったので、アダプターリング(目当てゴムに押し込むタイプ)だけ使わせてもらい、試し撮りしてきました。

試写に使ったTSN-553は三脚に固定されておらず、アイピースのレンズもベタベタと触りまくられていたりと条件がかなり悪かったので、画質に関しては参考にならないかと思います。
ですので、以下の写真は、画角の確認程度に見てください。
(なぜ上の写真の固定されている554を使わなかったというと、アダプターリングが台の上に置かれていた553にガッチリと取り付けられていて取れなかったから)


● iPhone 7Plus広角カメラ x 15倍

● iPhone 7Plus広角カメラ x 45倍

目当てゴムに押し込むアダプターリングのため、収まりが悪かったようで中心がズレていますが、iPhone 7Plusの広角カメラではケラレをなくそうとすると、15倍〜45倍の全域で、相当デジタルズームを使わなくてはならないようです。


● iPhone 7Plus望遠カメラ x 15倍
(ちなみに、対面はNikonのブース)

● iPhone 7Plus望遠カメラ x 45倍
(これは、倍率が高いため対面のモニターの画面だけが写ってしまったもの)

望遠カメラでは、15倍で若干ケラレが出ていますが、デジタルカメラアダプターを使い、ちゃんと中心を合わせて調整すればなくなるかも。
20倍くらいからは、そのまま使えそう。
45倍では、まったく問題なし。


KOWAがiPhone Plus系のフォトアダプターを発売してないので、一般的にはiPhone 5,6,7,8を使うことになり、7Plusの広角カメラで撮影したような画角になるでしょう。
そうなると、550シリーズでデジスコ撮影するには、2倍ほどデジタルズーム(またはトリミング)しなくてはなりません。
軽量コンパクトなボディにiPhoneの組み合わせは、とても相性がいいと思うのですが、ちょと残念。せめてX用のフォトアダプターを出してくれればいいのですが。

個人的には、これで飛行機を35mm版換算500〜600mm程度と、今より低い倍率で撮れないかと期待していたのですが、実際には使える倍率が最低でも、

iPhoneの望遠カメラ57mm x 20倍 = 1,140mm

と、現状の774にアイピース17W(iPhone広角カメラ x 30倍)の組み合わせより、さらに倍率が高くなってしまいます。
でも、被写界深度は774より深いのかな?それなら、軽量・コンパクトなボディと相まって使いようがあるかも……と、いろいろ試したくなりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿